はじめが肝心|見た目が可愛く人気のトイプードル【新しい家族をお迎えしよう】

見た目が可愛く人気のトイプードル【新しい家族をお迎えしよう】

赤ちゃんと犬

はじめが肝心

飼い主とペット

環境の変化

子犬を飼う上で、知っておかなければならないことがあります。まず、子犬を迎えた時点では、自分たちにとっても、子犬にとっても初対面だということです。ですから、子犬にとって新しい環境は、目新しさから肉体的にも精神的にも負担がかかりやすいです。負担がかかってしまうことで、最初のうちは調子を崩してしまうことがあります。飼い始めてからすぐに病気をしたからといって、病弱というわけではありません。また、子犬は環境の変化というものに敏感です。だから、かわいくて仕方がないでしょうが、過度にかまわずに見守ったほうがよいです。数週間もすれば、子犬も環境に慣れてくるはずです。そのくらいから徐々に遊んだり、抱いたりしてかわいがってあげるとよいしょう。

こんないいことがある

子犬を飼うことでいくつかのメリットがあります。一つ目は、散歩をすることで、自分も運動不足解消になることです。二つ目は、規則正しい生活になります。子犬は、人間よりも本能に忠実で、環境の変化を嫌います。そのため、食事や散歩の時間になると、要求してくることが多いです。食事や散歩に答えることで、自然と規則正しい生活になっていきます。3つ目は、子犬を飼うことで癒されたり、会話の増えることです。会話は心を豊かにします。子犬の話題を挙げやすく、自然と会話もはずみます。そして、かまっているうちに、知らないうちに癒されていることに気づくことも多いです。アニマルセラピーという治療法もあるように、生活や心を楽しくしてくれます。